MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

Mulberry House 桑原建設(浜松市)

静かに、穏やかに過ごすために夫婦2人で建てた平屋の家
「終の棲家で静かに穏やかに過ごしたい」。お施主様のその一言から始まった家づくり。長い間海外勤務を経験し、永年働いた会社を定年退職したご主人と、留守を預かった奥様がご希望したのは平屋の家。勾配天井のLDKは開放的な空間を演出し、ロフトを隠す縦格子はアクセントとなって部屋の雰囲気を引き締めている。
 玄関から直接入る事ができる土間リビングでは、永年の友人を招いて語らったり、棚に飾ってあるご主人が海外勤務で頂いた贈り物を見ながら、思い出話をしたりと、癒しともてなしの空間となっている。また洗面脱衣室、トイレもストレスなく使えるようにゆったりと、廊下も将来の事を考え広めに設計されている。
『Mulberry House 桑原建設』の家づくりで常に心がけていることは、新築時にピークを持ってこないということ。なぜなら、10年20年たった時に味わいが出るような家にするためだ。そのためには素材やデザインが大事になる。S様邸では床はアカシア無垢フロア、壁は珪藻土塗り、建具、家具、洗面化粧台に至るまで職人さんによる手づくりと、細部にまでこだわりをみせる。そうすることによって既製品では出せない味わいを出す事ができるのだ。
 決して奇をてらわず、スタンダードな佇まい、それが『Mulberry House 桑原建設』の家づくり。
メッセージ
Q.この会社を選んだ理由は?
何社か工務店を廻りましたが、家づくりの考え方に共感を得たのが桑原建設さん。私たちの質問にも丁寧に的確に素早く答えて頂き、信頼できました。

Q.この会社で建てて良かったことは?
デザインや素材だけでなく、耐震、断熱性能も理解が深く、見えない所もしっかりと施工し、私たちが言わなくても長期優良住宅の認定を取得してくれました。
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)