浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

さとう建築(掛川市)

リビングと同じ広さの中庭は、1階全室に光と風を届けるだけでなく、外と中をつなぐアウトドアリビングとしても大活躍。気候の良いシーズンは、ここで毎日のように“七輪バーベキュー”を楽しむとか。

リビングと同じ広さの中庭は、1階全室に光と風を届けるだけでなく、外と中をつなぐアウトドアリビングとしても大活躍。気候の良いシーズンは、ここで毎日のように“七輪バーベキュー”を楽しむとか。

北側とは思えないほど明るいリビング。フルオープンサッシを開け放つと、景色までもが室内の一部のよう。中庭を挟んで南側がオフィスになっているので、オンとオフとのメリハリがつきやすい。

北側とは思えないほど明るいリビング。フルオープンサッシを開け放つと、景色までもが室内の一部のよう。中庭を挟んで南側がオフィスになっているので、オンとオフとのメリハリがつきやすい。

リビングと緩やかにゾーニングしたダイニングキッチン。中庭の景色やリビングの様子も見える。バックヤードではなく、サイドに食器棚を配置したことで作業スペースが広くなり、効率もアップ。

リビングと緩やかにゾーニングしたダイニングキッチン。中庭の景色やリビングの様子も見える。バックヤードではなく、サイドに食器棚を配置したことで作業スペースが広くなり、効率もアップ。

見せる収納にもなっている土間玄関。入って左側がオフィス、右側が居住スペース。

見せる収納にもなっている土間玄関。入って左側がオフィス、右側が居住スペース。

採光と通風を計算し尽くして配置されたスタイリッシュな建物。

採光と通風を計算し尽くして配置されたスタイリッシュな建物。

存在感たっぷりの薪ストーブ。薪集めや薪割りなど、暮らしのひと手間を家族で楽しむことでさらに絆が深まる。

存在感たっぷりの薪ストーブ。薪集めや薪割りなど、暮らしのひと手間を家族で楽しむことでさらに絆が深まる。

  • リビングと同じ広さの中庭は、1階全室に光と風を届けるだけでなく、外と中をつなぐアウトドアリビングとしても大活躍。気候の良いシーズンは、ここで毎日のように“七輪バーベキュー”を楽しむとか。
  • 北側とは思えないほど明るいリビング。フルオープンサッシを開け放つと、景色までもが室内の一部のよう。中庭を挟んで南側がオフィスになっているので、オンとオフとのメリハリがつきやすい。
  • リビングと緩やかにゾーニングしたダイニングキッチン。中庭の景色やリビングの様子も見える。バックヤードではなく、サイドに食器棚を配置したことで作業スペースが広くなり、効率もアップ。
  • 見せる収納にもなっている土間玄関。入って左側がオフィス、右側が居住スペース。
  • 採光と通風を計算し尽くして配置されたスタイリッシュな建物。
  • 存在感たっぷりの薪ストーブ。薪集めや薪割りなど、暮らしのひと手間を家族で楽しむことでさらに絆が深まる。

コメント

遊びゴコロ×自由発想=暮らしが豊かになる家

やっと希望するエリアに土地を見つけたサトケンの佐藤社長。ところが、購入した土地は南側に隣家が迫り、日当たりが最悪。明るい室内を確保するにはどうすればいいのか頭を悩ませていたある日、突然アイデアが降ってきたという。それは、「リビングを北側に配置する」という設計のセオリーを覆したプラン。
 北側は暗いのが当たり前だけれど、空が見える中庭を設けたことで、すべての部屋に十分な光と風が届くようになった。しかも、完全なプライベート空間が実現し、視線を気にすることなく、バーベキューや楽器の演奏を楽しむことができる。この中庭を起点にぐるぐると回遊できる間取りは、家族がどこにいても顔が見え、奥さまの家事負担も軽減。あたたかい肌触りの天竜杉の床は、新築から5年が経ち、艶やかな飴色に変わってきた。憧れの薪ストーブは、冬に暖をとるだけでなく、子どもたちと炎を囲んで話をしたり、友人とピザパーティを開いたり、暮らしの幅を広げてくれる。
 こんな遊び心のある空間は、サーフィンやキャンプなど、アウトドアが大好きな佐藤社長ならではの自由な発想から生まれた。暮らしそのものを楽しめるこのの家はオープンハウスとしても公開中(要予約)だから気軽に問い合わせをしてみて。立地条件が悪くても、設計力でカバーできるお手本であると同時に、人と環境にやさしい″無添加の家〟の経年変化も参考にできる。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ