浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

アズ(浜松市)

吹抜けのある広やかなLDK。『アズ』の家づくりの特徴は、家を個室の集合体として捉えず、1・2階を合わせて1つの空間とみなすこと。そして、窓の配置等を適切に行うことで、光や風が家中に行き渡る。

吹抜けのある広やかなLDK。『アズ』の家づくりの特徴は、家を個室の集合体として捉えず、1・2階を合わせて1つの空間とみなすこと。そして、窓の配置等を適切に行うことで、光や風が家中に行き渡る。

LDKは対面キッチンをはさんでリビングとダイニングに分かれている。ナラの無垢フローリングと珪藻土がおりなすナチュラルな空間が心地いい。ダイニングの奥には愛犬用の土間スペースも配置。

LDKは対面キッチンをはさんでリビングとダイニングに分かれている。ナラの無垢フローリングと珪藻土がおりなすナチュラルな空間が心地いい。ダイニングの奥には愛犬用の土間スペースも配置。

仕切りのないオープンな2階スペース。奥の子ども室にも扉を設けず、壁1枚だけで仕切ってある。

仕切りのないオープンな2階スペース。奥の子ども室にも扉を設けず、壁1枚だけで仕切ってある。

ヒノキの板張りと御影石で仕上げた在来工法の浴室。坪庭を眺めながら旅行気分を味わえる癒し処。

ヒノキの板張りと御影石で仕上げた在来工法の浴室。坪庭を眺めながら旅行気分を味わえる癒し処。

スキップフロアからロフトを見上げる。梯子でなく階段にして荷物の収納に配慮。

スキップフロアからロフトを見上げる。梯子でなく階段にして荷物の収納に配慮。

清楚で落ち着いた雰囲気の外観。パッシブデザインにこだわり窓の配置を重視。

清楚で落ち着いた雰囲気の外観。パッシブデザインにこだわり窓の配置を重視。

吹抜けを囲むL字型のスタディコーナー、スキップフロア、ロフトと、縦のつながりが楽しい家族の共有空間。

吹抜けを囲むL字型のスタディコーナー、スキップフロア、ロフトと、縦のつながりが楽しい家族の共有空間。

  • 吹抜けのある広やかなLDK。『アズ』の家づくりの特徴は、家を個室の集合体として捉えず、1・2階を合わせて1つの空間とみなすこと。そして、窓の配置等を適切に行うことで、光や風が家中に行き渡る。
  • LDKは対面キッチンをはさんでリビングとダイニングに分かれている。ナラの無垢フローリングと珪藻土がおりなすナチュラルな空間が心地いい。ダイニングの奥には愛犬用の土間スペースも配置。
  • 仕切りのないオープンな2階スペース。奥の子ども室にも扉を設けず、壁1枚だけで仕切ってある。
  • ヒノキの板張りと御影石で仕上げた在来工法の浴室。坪庭を眺めながら旅行気分を味わえる癒し処。
  • スキップフロアからロフトを見上げる。梯子でなく階段にして荷物の収納に配慮。
  • 清楚で落ち着いた雰囲気の外観。パッシブデザインにこだわり窓の配置を重視。
  • 吹抜けを囲むL字型のスタディコーナー、スキップフロア、ロフトと、縦のつながりが楽しい家族の共有空間。

コメント

家族のつながりが深まるパッシブデザインの家

前の家と同じ場所に建てたのに、住まい心地がこんなにも違うんだって感激しました!」。ご新居の感想をたずねると、奥様からそんな喜びの声が返ってきた。長年の悩みだった冷え性も改善し、健やかで快適な毎日を送れるようになったという。
 Kさんが『アズインテリアアーキテクト』を知ったのは、本誌「いえぼん」がきっかけ。ハウスメーカーで建てた築30年の旧宅は、奥様いわく「暑くて寒い家」。ご主人は暑がりなので夏は冷房が無いと過ごせず、奥様は夏も冬も冷え性に苦しむ毎日だった。そこで、設備に頼らず建築物で快適さを生み出す「パッシブデザイン」に惹かれ、『アズ』に建替えを依頼。「おかげで『暑がりと寒がりが共存できる家』が実現できて本当によかったです」と奥様。
 新居は、吹抜けで1・2階がひとつにつながったオープンな造りが特徴。適切な位置に窓が配置され、光や風が家中に行き渡る。1階のLDKと同様に、2階も個室の仕切りを最低限に抑え、家族の共有スペースをたっぷり確保。スタディコーナーやスキップフロア、小屋裏のロフトといった縦の空間のつながりも楽しさを感じさせる。また、地元の天竜材と珪藻土の壁で仕上げた内装が、家族の心や体を優しく癒してくれる。パッシブデザインによって「空間」だけでなく「家族間」もひとつにつながり、温かで風通しのいい環境と関係をもたらす家が実現した。

ページトップ