浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

樹々匠建設(浜松市)

リビング上部は10畳を超える吹抜け。玄関からリビング、洗面所まで一切仕切りがなく、回遊できる間取りは解放感抜群。飽きのこないすっきりデザインに、アクリル手摺やデザイン棚、格子で空間をお洒落に演出。

リビング上部は10畳を超える吹抜け。玄関からリビング、洗面所まで一切仕切りがなく、回遊できる間取りは解放感抜群。飽きのこないすっきりデザインに、アクリル手摺やデザイン棚、格子で空間をお洒落に演出。

リビングの窓と吹抜けの大きな窓からは、夏と冬の日射角度を考慮し、軒の出でコントロールされた陽光が差し込む。照明にもこだわり、TVステーションとダイニング後方、リビングも間接照明になっている。

リビングの窓と吹抜けの大きな窓からは、夏と冬の日射角度を考慮し、軒の出でコントロールされた陽光が差し込む。照明にもこだわり、TVステーションとダイニング後方、リビングも間接照明になっている。

4.5畳とコンパクトながら心地良い和室。奥行きのある壁や押入れを吊押入にすることで、空間を広く演出。床の間壁、オリジナル障子、庭先の外構まで、すべて曲線を用いてデザインを統一した。

4.5畳とコンパクトながら心地良い和室。奥行きのある壁や押入れを吊押入にすることで、空間を広く演出。床の間壁、オリジナル障子、庭先の外構まで、すべて曲線を用いてデザインを統一した。

チークのフローリングでシックにまとめた寝室。主婦目線の便利な収納は必見。

チークのフローリングでシックにまとめた寝室。主婦目線の便利な収納は必見。

目隠し格子とタイルが映えるシャープな外観。外構とのバランスが絶妙。

目隠し格子とタイルが映えるシャープな外観。外構とのバランスが絶妙。

普段履きの靴、シューズクローク、コート・バック収納を別々に設けたことで、玄関はいつもスッキリ。

普段履きの靴、シューズクローク、コート・バック収納を別々に設けたことで、玄関はいつもスッキリ。

  • リビング上部は10畳を超える吹抜け。玄関からリビング、洗面所まで一切仕切りがなく、回遊できる間取りは解放感抜群。飽きのこないすっきりデザインに、アクリル手摺やデザイン棚、格子で空間をお洒落に演出。
  • リビングの窓と吹抜けの大きな窓からは、夏と冬の日射角度を考慮し、軒の出でコントロールされた陽光が差し込む。照明にもこだわり、TVステーションとダイニング後方、リビングも間接照明になっている。
  • 4.5畳とコンパクトながら心地良い和室。奥行きのある壁や押入れを吊押入にすることで、空間を広く演出。床の間壁、オリジナル障子、庭先の外構まで、すべて曲線を用いてデザインを統一した。
  • チークのフローリングでシックにまとめた寝室。主婦目線の便利な収納は必見。
  • 目隠し格子とタイルが映えるシャープな外観。外構とのバランスが絶妙。
  • 普段履きの靴、シューズクローク、コート・バック収納を別々に設けたことで、玄関はいつもスッキリ。

コメント

高気密・高断熱を越えた
「"超"断熱・"超"気密」の家

「外断熱専門店」として快適な住みごこちを追求する樹々匠建設。2020年の「省エネ基準適合義務化」の基準を遥かに越えた家づくりを10年以上前から行ってきた。長期優良住宅は標準で全棟認定取得している。
 そんな樹々匠建設が、さらなる進化とお客様満足度の向上を目指し、高気密・高断熱を超える「〝超〟気密・〝超〟断熱」の家づくりに取り組んでいる。専門店として培った外断熱ノウハウに、さらに断熱をプラスしたW断熱で超断熱化を実現。断熱性能(UA値)は極寒の北海道基準をクリアし、気密性能(C値)は全棟0.3以下。この数値は全国でもトップクラスだという。窓は樹脂サッシを採用したほか、熱交換換気システムも搭載し、空気の質にまでこだわっている。
 大切なのは理屈よりも実際の住み心地がどうなるかで、その快適さは想像を絶する。家中どこに居ても温度差が少なく、常に室温が一定に保たれる。「夏涼しくて冬暖かい」という陳腐な言葉では表現できないほどの心地よさだ。
 さらに特筆すべきはその光熱費。理想的な低燃費を実現しているのは言うまでもないが、建てる前に、一般的な家と樹々匠の家の冷暖房費を比較シミュレーションし、それが現実になるから安心。樹々匠の家は、建築費は高いけれど、一般的な家のランニングコストを考慮すれば、30年後に有益となるのは明らか。まずはこの快適さを体感ハウスで味わってもらいたい。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ