浜松住宅総合館

愛知東部で家を建てるなら三河住宅総合館
工務店で探す
一覧へ戻る

サイエンスホーム(浜松市)

真壁づくりの魅力を余すところなく表現した吹抜けのLDK。中央には八寸の大黒柱がどっしりと構え、大切な家族と住まいを守る。三角形にとった畳コーナーはベンチ代わりにもなる。

真壁づくりの魅力を余すところなく表現した吹抜けのLDK。中央には八寸の大黒柱がどっしりと構え、大切な家族と住まいを守る。三角形にとった畳コーナーはベンチ代わりにもなる。

環境にもやさしい木質ペレットを燃料とする「ペレットストーブ」を囲んで家族団欒のひととき。柔らかな間接照明が真壁を照らす癒しの空間で、かけがえなのない家族の思い出を刻んでゆく。

環境にもやさしい木質ペレットを燃料とする「ペレットストーブ」を囲んで家族団欒のひととき。柔らかな間接照明が真壁を照らす癒しの空間で、かけがえなのない家族の思い出を刻んでゆく。

デザインと機能性を両立したキッチンの使い心地をぜひ確かめて。食器棚、建具もオリジナル造作。

デザインと機能性を両立したキッチンの使い心地をぜひ確かめて。食器棚、建具もオリジナル造作。

回遊性のある2階ホール。キャットウォークを設けたことで、吹抜けの窓の掃除もラクラク。

回遊性のある2階ホール。キャットウォークを設けたことで、吹抜けの窓の掃除もラクラク。

「体験入居」で真壁づくりと外張り断熱による心地いい空間を体感してみよう。

「体験入居」で真壁づくりと外張り断熱による心地いい空間を体感してみよう。

異人館風の外観。玄関ポーチをモールや錆び石で装飾。屋根はいぶし瓦を使用。

異人館風の外観。玄関ポーチをモールや錆び石で装飾。屋根はいぶし瓦を使用。

『サイエンスホーム』らしい大きな吹抜け空間。南面の開口部を開け放つとタイル張りのデッキとひとつながりに。

『サイエンスホーム』らしい大きな吹抜け空間。南面の開口部を開け放つとタイル張りのデッキとひとつながりに。

  • 真壁づくりの魅力を余すところなく表現した吹抜けのLDK。中央には八寸の大黒柱がどっしりと構え、大切な家族と住まいを守る。三角形にとった畳コーナーはベンチ代わりにもなる。
  • 環境にもやさしい木質ペレットを燃料とする「ペレットストーブ」を囲んで家族団欒のひととき。柔らかな間接照明が真壁を照らす癒しの空間で、かけがえなのない家族の思い出を刻んでゆく。
  • デザインと機能性を両立したキッチンの使い心地をぜひ確かめて。食器棚、建具もオリジナル造作。
  • 回遊性のある2階ホール。キャットウォークを設けたことで、吹抜けの窓の掃除もラクラク。
  • 「体験入居」で真壁づくりと外張り断熱による心地いい空間を体感してみよう。
  • 異人館風の外観。玄関ポーチをモールや錆び石で装飾。屋根はいぶし瓦を使用。
  • 『サイエンスホーム』らしい大きな吹抜け空間。南面の開口部を開け放つとタイル張りのデッキとひとつながりに。

コメント

温故知新をテーマに設計した「未来の異人館」

本郷町にあるサイエンスホームの浜松南展示場。異国情緒ただようこのモデルハウスのテーマは「温故知新」。明治から大正時代にかけて、外国人建築家によって築かれた木造洋館をモチーフに、古き良き時代の和洋折衷の建築美を現代風にアレンジした。独創的なデザインは、神戸の異人館を見学し、その魅力をつぶさに分析。外観は洋風でありながら、屋根には日本古来の「いぶし瓦」を用い、玄関ポーチをモールや錆石で装飾するなど、異人館らしい要素をディテールまで取り入れている。
 室内は、無垢の木とアンティークな照明が融合した大正浪漫をイメージ。遊び心あふれる三角形の畳コーナーや、壁と斜めの向きに床を張ったリビングは真壁づくりの家の可能性を提示している。南面には外と中をつなぐデッキを設け、アウターリビングとして使う。アイアンの柵で囲ってあるので、外からの目線を気にすることなく、プライベートなガーデンライフを思いのままに楽しむことができる。
 2階は開口部を広く取り、高窓の掃除がしやすいよう吹抜けに面してキャットウォークを配置。ハイサイドライトから燦々と光が降り注ぎ、室内全体に十分な明るさと暖かさを届ける。
 和と洋の融合によって、百年経っても色褪せない魅力を誇る新感覚のモデルハウスは一泊の「体験入居」も可能。「未来の異人館」の心地よさを昼も夜も朝も存分に味わってみよう。

■この家を建てた施工会社は
ページトップ